SPFとPAとは

「絶対に焼けたくないからSPFの数値が高いものを使っている」など、日焼け止めを選ぶとき、「SPF」や「PA」の数値に注目していますよね。
確かにSPFやPAは日焼け防止力を表しているものですが、その意味まで詳しく知っている人は意外と少ないのです。
数値が高い日焼け止めは肌への負担も大きく、肌トラブルを引き起こす危険もあり、長時間の使用はオススメできません。
「紫外線の種類」「SPF」「PA」について説明するので、日焼け止め選びの参考にして下さい。

まずは紫外線の種類を知ろう

・紫外線A波(UVA)
太陽から届く紫外線の約9割を占めていて、肌へのダメージも大きいです。
肌の奥にある「真皮」まで届き、内部に活性酸素(※)を作り出します。
そうすることでコラーゲンが破壊され、シワやたるみなどの肌老化が進んだり、メラニン色素を刺激してシミを増やしたりと肌トラブルが起こります。
窓ガラスや雲も突き抜けてしまうので、曇りの日だから、室内にいるからといって油断は禁物です。
冬になっても紫外線の量は変わらず、安定して肌にダメージを与えることが分かっており、年中日焼け対策が必要です。

(※)活性酸素…身体を老化させる酸化を活性化させてしまう酸素

・紫外線B波(UVB)
肌表面が火傷のように赤く炎症を起こす紫外線です。
肌によく作用するため、紫外線を浴びる時間が短時間でも赤くなったり(サンバーン)、黒くなったり(サンタンニング)します。
活性酸素が肌表面に発生し、メラニン色素を作ってしまうので、シミやソバカスの原因になりやすく、別名「レジャー紫外線」とも言われます。
10月~2月は紫外線の量が減る傾向にあります。

・紫外線C波(UVC)
皮膚病の原因になる有害な紫外線です。
オゾン層に吸収され地上まで届くことはなかったのですが、オゾン層破壊によって地上まで届いてしまうことが心配されています。

上記のように紫外線にも種類があり、それぞれをカットするためには「SPF」「PA」について知っておく必要があります。

SPFとPAの違い

・SPF
「SPF」は「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波(UVB)を防ぐ効果の目安を表します。
数値が高いほど紫外線B波(UVB)をカットする力があり、上限は50です。
SPFの数値単位は、1単位が20分~25分です。
なのでSPF1は、「紫外線B波(UVB)から20分~25分お肌を守る」という意味です。
SPF10になれば、20分×10で200分になる計算です。
炎天下の中、海やBBQに行かない限りSPF30ぐらいで十分だと言われています。
SPF10(日常生活)・SPF20~30(数時間程外にいるとき)・SPF40~50(長時間外にいるとき)を目安に日焼け止めを選びましょう。

・PA
「PA」は「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の目安を表します。
+の数で強さを表しており、PA+(効果がある)・PA++(かなり効果がある)・PA+++(非常に効果がある)・PA++++(極めて高い効果がある)の4段階に分けられています。

「SPF」「PA」が大きければ日焼けの心配がなく安心と思いがちですが、実は効果が高いものほど肌への負担も大きいというデメリットがあります。
肌にダメージを与えるので乾燥肌になりやすかったり、最悪の場合アレルギーや皮膚ガンを発生させる可能性もあるのです。
なので、目的にあった日焼け止めを必要最小限塗ることがお肌を守るうえで重要になってきます。

日焼け止め選びのコツ

SPFとPAに注目して、自分にはどの程度の紫外線防止力が合っているのか知っておきましょう。

・洗濯物を干したり、近所へ買い物に行ったり、家事をする場合
【PA ++/SPF15~20】

・スポーツ・通勤・散歩など。屋外で数時間過ごす場合
【PA ++~+++/SPF 20~30】

・晴天の日に長時間、屋外でスポーツやレジャー(山・川)などを楽しむ場合
【PA +++~++++/SPF 50】

日焼け止めは時間が経つと効果が薄れていくので、一度塗ったら終わりではなく、こまめに塗り直すことが大切ですよ。

肌に合う日焼け止めは人それぞれ

「SPF」と「PA」の違いや意味を知っておくと、正しい日焼け止め選びができます。
毎日仕事する人や、主婦で家にいる時間が多い人など、生活スタイルは人それぞれですよね。
普段使っている日焼け止めを見直して、肌への負担が最小限の日焼け止めを使うようにしましょう。