日焼け止めを冷蔵庫で保管するのは間違い

化粧水を冷蔵庫に入れて冷たい使用感を楽しんだり、食品の品質を落とさないために冷蔵庫を使用しますが、日焼け止めを冷蔵庫に入れるのは間違いです。
日焼け止めを冷蔵庫で保管していると、油分と水分が分離することがあります。
また出し入れしたときの気温の変化が原因で、ジェルやクリームの質感が変わってしまうこともあるのです。
冷蔵庫に入れたからといって品質を保てる訳ではないので、正しい方法で保存しておきましょう。
日焼け止めの使用期限や保存方法を紹介するので参考にして下さい。

日焼け止めの使用期限や保存方法

日焼け止めの使用期限は「未開封の場合、約3年」「開封後、約1年」です。
そして「高温多湿・直射日光を避けて常温で保存」が日焼け止めの品質を保つ保存方法です。
開封後1年未満でも、海に行ったとき太陽の下に置きっぱなしだったり、いつでも塗れるように車の中に置いているなど、高温に当たり続ける保管状況だと品質が低下する恐れもあります。
日焼け止めは紫外線から肌を守るために紫外線吸収剤や防腐剤などの石油系成分を含んでいるので、劣化した日焼け止めを知らずに使っていると肌トラブルを引き起こす危険性が高いです。
「分離していないか」「変色していないか」「ニオイがおかしくないか」を普段からチェックして、異変があるときはすぐに使用をやめましょう。
そして、期限切れの日焼け止めも使用してはいけません。
開封後約1年使用可能と言われていますが、油分の多い製品は酸化(肌に負担がかかる化学反応)しやすく、添加物が多く含まれる日焼け止めは分離や変色など傷みやすいのです。
去年使ったものが残っている場合でも、酸化してしまったものや品質に異常があるものだと肌に大きなダメージを与えてしまうことになります。
残っていると勿体ない気持ちになりますが、肌トラブルのリスクをリスクを高めないように、1年に1度は買い替えましょう。

美肌をGETするために期限・保存方法を守ろう

日焼け止めは正しく使えば、紫外線から肌を守ってくれる効果を発揮しますが、使い方を間違えれば肌トラブルの元になってしまいます。
冷蔵庫に入れたり、使用期限を過ぎたものを使うのはやめましょう。
高温の場所に置きっぱなしにして不安なときは、変色やニオイをチェックして判断しましょう。
劣化した日焼け止めは肌の負担になるので、敏感肌や子どもに使用する場合は特に注意してほしいです。
数年先もキレイな肌でいれるように、日焼け止めの保存方法を正しく知ることが大切です。