日焼け止めの種類

日焼け止めといっても、クリームタイプ・ジェルタイプ・スプレータイプなど種類がたくさんあります。
またオーガニックのものやウォータープルーフタイプもあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。
しかしそれぞれの特徴を知っておくと、自分に合った日焼け止めを選びやすくなるのです。
日焼け止めの種類や性質を紹介するので、肌質や好みに合わせて使いやすい日焼け止め選びの参考にして下さい。

日焼け止めの選び方

日焼け止め選びは、特に「紫外線防止力」「使用感」を重視して選ぶ人が多いと思います。
種類別にメリット・デメリットを紹介します。

日焼け止めの種類

大きく分けて下記の6つに分類されます。あなたの悩みやお肌の状態に合わせて選ぶのがポイントです。

クリームタイプ

どのメーカーからも出されている、一番多くの人に使われている日焼け止めです。
保湿力が高く取れにくいので、日焼け防止にはぴったりですが、油分の多さが肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
なので、どうしても日焼けをしたくないときや、長時間外にいるときにオススメです。

【メリット】
保湿力が高く、乾燥肌の人にオススメ。
化粧下地の代わりに使えるものもあり一石二鳥。
肌との密着度が高く落ちにくい。

【デメリット】
油分が多く、肌荒れ・ニキビの原因になりやすい。
伸びが悪く、一度に量を使ってしまう。
白浮きしたり、洋服につくと取れにくい。
密着度が高い分、肌への負担が大きく、クレンジング剤と使わないときれいに取れない。

ミルクタイプ

ほとんど乳液のような使用感で、伸びがいいのが特徴です。
ノンケミカル(※)のものが多く、敏感肌の人にもぴったりです。
普段使いにオススメの日焼け止めです。

(※)ノンケミカル…肌トラブルのもととなる「紫外線吸収剤」が含まれていないものをノンケミカルと言います。
日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類に分けられ、紫外線をカットする方法も違います。
「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収し熱エネルギーに変えて発散する方法で、このとき化学反応が起こり、肌に大きな負担をかけてしまいます。
一方の「紫外線散乱剤」は紫外線を反射させて肌を日焼けから守る、肌にかかる負担が少ない成分です。

【メリット】
伸びがよく使いやすい。
ノンケミカルが多く敏感肌に人も安心して使用できる。

【デメリット】
密着度が低いので、こまめに塗り直しが必要。

ジェルタイプ

水のように肌にスーッとなじみ、ベタベタしないです。
伸びが良く、白浮きする心配もないので、全身に使ってしまいがちですが、刺激が強い成分が含まれているので敏感肌の人には向きません。

【メリット】
軽い使用感。
日焼け止め特有のベタベタをあまり感じない。
伸びが良く塗りやすい。

【デメリット】
敏感肌の人には向かない。
保湿力が弱く、乾燥肌の人には物足りない。

スプレータイプ

手を汚すことなく日焼け止めがつけられて便利です。
日焼け止めを嫌がる子どもや、髪の毛にも使うことができます。
背中など一人だと塗るのを諦めていた場所を問題なくカバーできるのも嬉しいですね。

【メリット】
手を汚さないで使える。
日焼け止めが苦手な子どもにも使える。
髪の毛や手の届かない場所にも使える。
塗り直しが簡単にできる。

【デメリット】
ムラになりやすい。
周囲に飛び散るので、スプレーする場所を確保しないといけない。

パウダー

メイクの上から手軽に乗せることができるので、使いやすいです。
肌に優しく敏感肌の人も使えるので、一つ持っておくとメイク直しとしても使えます。
しかし日焼け止めの効果は低く、何度も付け直しが必要です。

【メリット】
メイクの仕上げやメイク直しに使うこともでき、便利。
敏感肌の人もオススメ。

【デメリット】
落ちやすく日焼け止め効果は薄い。
何度も塗り直しが必要。

飲む日焼け止め

肌への負担がなく、敏感肌の人も安心できる日焼け止めです。
サプリメントとして販売されているものも多く、アンチエイジングなど日焼け止め以外の嬉しい効果を感じることもできます。

【メリット】
肌への負担がなく、敏感肌の人も安心。
塗り直しや日焼け止めを落とす手間がかからない。
美白だけでなく美肌に効果的な成分も含まれている。

【デメリット】
飲み続けないと効果は表れない。
1ヶ月約4000円かかるので、出費が多い。

日焼け止めの性質

今はほとんどの種類の日焼け止めから「肌に優しい日焼け止め」や「水に強いもの」が出ています。
どのような特徴があるのか説明します。

・敏感肌用
子どもの肌にも使用できる敏感肌用の日焼け止めは、アレルギーを反応を引き起こしやすい香料が入っていなかったり、ノンケミカル
と記入されていることが多いです。
肌荒れやアレルギーを発生させないために、ほとんど肌への負担が少ない紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」が使われています。

・オーガニック
自然の成分を使って作られており、肌への負担が少なく、石鹸で簡単に落とせるものが多いです。
その分伸びが悪かったり、落ちやすかったりするものもありますが、自然派成分を使っているので安全で、子どもにも安心して使えます。

・ウォータープルーフ
汗や水に強く、スポーツやプールをするときに効果的です。
クリームタイプのものに多く、肌に密着するので日焼け防止力はとても高いです。
顔に使う場合はメイク落とし用のクレンジング剤を使ってしっかり落とさないと、肌トラブルのもとになる可能性もあります。

時期や肌質に合った日焼け止め選びが大切

汗をあまりかかない春先はミルクやジェルタイプを使用して、汗をかく夏は取れにくいクリームタイプを使うなど、季節によって使い分けるのもいいですね。
密着度の高いクリームタイプのウォータープルーフは一番紫外線から守ってくれますが、その分肌への負担も大きいので、しっかり落とすことと保湿などのケアは忘れないようにしましょう。
またどの日焼け止めも効果がずっと続くわけではないので、こまめに塗りなおさなくてはいけません。
塗り直し用にスプレーやパウダータイプを持っておくのもオススメです。
肌質は個人差があるので、人気のものではなく、自分に合った日焼け止めを選ぶようにしましょう。