日焼け止めの成分に注目しよう

お肌を紫外線から守ってくれる日焼け止めですが、色んな成分が配合されており、日焼け止めを選ぶときの注目するポイントとも言えます。
含まれている成分によっては、アレルギーや肌荒れを起こすキッカケを作る危険性もあり、あらかじめ成分について知っておくと安心できますよね。
どの成分が入っていて、どのような働きをしているのかなどを紹介していくので参考にして下さい。

日焼け止めに入っている成分と働き

・紫外線吸収剤【オキシベンゾン・パルソールA・パラアミノ安息香酸・ケイ皮酸誘導体など】
紫外線を吸収し、化学反応を起こして熱エネルギーに変えることで、肌への浸透を防ぐ、紫外線から肌を守る成分です。
肌への負担がとても大きく、ニキビなどの肌トラブル以外にも身体に悪い影響をもたらします。
紫外線吸収剤は皮膚から体内に入り込むことが分かっており、アレルギー体質やホルモン異常を引き起こす恐れがあります。
授乳中の人は母乳を通して赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうといけないので使わない方がよいでしょう。

・紫外線散乱剤
肌の上で紫外線を反射させて肌を守るという、日焼け止めの効果を出すために必要な成分です。
化学反応を起こさないのと、肌への負担が小さいのが特徴で、敏感肌や子どもでも使用できる安心度が高い日焼け止めです。
紫外線吸収剤不使用のことを「ノンケミカル」と表記されていることが多いので覚えておきましょう。

・ナノ粒子【酸化チタン、酸化亜鉛】
日焼け止めを塗りやすくしたり、紫外線を遮断する効果があると言われているのがナノ粒子(酸化チタン・酸化亜鉛)です。
ナノ粒子は体内に取り込まれると代謝しにくく、DNAを傷つけ、発ガン性の可能性があると言われています。

・界面活性剤【アルキル硫酸エステルナトリウム・ポリオキシエチレンアルキルエーテルPOER・ジメチコンポリオール・ポリクオタニウムなど】
水と油を混ぜる(乳化させる)効果があり、日焼け止めを使いやすくするためによく使われている成分です。
界面活性剤には、自然界に存在する「天然界面活性剤」と、石油などの原料で人工的に作られた「合成界面活性剤」とがあります。
界面活性剤は、洗剤・食品・衣類など、色んなものに使われています。
肌への密着度を高める効果があるので、日焼け止め持ちをよくするために必要です。
しかし皮脂膜を溶かして、角質層の細胞までも壊してしまうので、肌の乾燥がどんどん進んでいき、ニキビ・アトピー・アレルギーなど肌トラブルを引き起こします。

・防腐剤【オルトフェニルフェノール〈OPP〉・パラべンなど】
身体に有害だとされており、人によってアレルギーを引き起こす危険性があります。

・添加物【着色料・香料・保存料など】
シミや湿疹などの皮膚への影響があり、アレルギーの原因になる場合もあります。
使用期限を伸ばすために使用する保存料も、肌荒れや痒みを引き起こす危険性があり、気をつけなければいけません。

・アルコール(エタノール)
日焼け止めをサラッとさせる効果があり、使われていることが多いですが、敏感肌の人が使うと刺激の強さに肌がヒリヒリしたり、乾燥を促してしまう作用があります。

このような成分や添加物が肌の痒みや炎症を引き起こし、肌トラブルの元になっています。
日焼け止めが肌に合わないと感じたら、ノンケミカルの日焼け止めや、自然成分で出来ているオーガニック製品を試してみましょう。

成分に注目して自分に合う日焼け止めを選ぼう

日焼け止めの成分を知っておくと、どの成分が肌に良くないのかが分かるので肌トラブルを予防できます。
特に敏感肌で肌が弱い人は、オーガニックや低刺激のノンケミカルの商品を使っておくと安心です。
肌の状態や出掛ける場所によって日焼け止めを変えるのが一番いいので、いくつか自分に合うものを見つけておきましょう。