日焼け止めの役割

適度に日に当たることは健康を維持するために必要ですが、紫外線に当たり続け肌が黒く日焼けすることは、シミや乾燥の元になったり、皮膚ガンのリスクを高めるなど、美容や健康に悪い影響を与えます。
日焼けを防止するために日焼け止めを塗る女性も多いですが、実は日焼け止めにも色んな種類があり、間違った日焼け止めを選ぶと身体に影響を及ぼす危険性もあります。
日焼け止めの原理を正しく知って、自分に合う日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めの原理

日焼け止めの原理は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の二つに分かれます。

「紫外線散乱剤」
肌の表面で紫外線を跳ね返す日焼け止めです。
このタイプは有機化合物(※)ではないので、肌への負担が最小限に抑えられます。
白浮きしやすく、べたべたした塗り心地に嫌悪感を感じる人もいると思いますが、一度塗るだけで効果が長持ちするので、こまめに塗り直しをしなくてよく便利です。

「紫外線吸収剤」
紫外線を一度吸収させ、熱エネルギーに変えて外へ放出させる日焼け止めです。
有機化合物(※)であるため、日焼け防止力が高い分、肌への負担が大きいです。
肌が弱いなど、人によっては刺激を感じることもあります。
無色透明なので白浮きの心配をする必要もなく、塗り心地はなめらかですが、紫外線を防ぐ効果は長くもたないので、こまめに塗り直す必要があります。
(※)有機化合物…炭素を含む化合物のこと

日焼け止めの健康被害

日焼けによる健康被害を防止するための日焼け止めですが、種類によっては日焼け止めも身体に悪影響を及ぼすと言われています。
肌を紫外線から守ってくれるだけではないということを、覚えておきましょう。

・「紫外線散乱剤」がもたらす影響
紫外線を遮断する効果があるため日焼け止めにはほとんど入っているナノ粒子(酸化チタン・酸化亜鉛)は、肌に侵入しDNAを傷つけ、発ガン性の可能性があると言われています。
肌全体に塗るので、全身の皮膚から体内に有害物質が吸収されてしまうのです。
特にナノ粒子を利用していると、吸収の可能性が高くなってしまうと言われています。

・「紫外線吸収剤」がもたらす影響
日焼け止めの中に入っている「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」に環境ホルモン作用(※)があることが分かっています。
この成分は、皮膚から浸透し体内へ吸収されることが分かっており、ヨーロッパの調査では日焼け止めを使っている授乳中の母親の78%の母乳から検出されました。
新生児が母乳を通して摂取するとアレルギー体質になったり、ホルモンに異常を引き起こす恐れが考えられます。
特にスポーツタイプやアウトドア向けの紫外線防止力が強い日焼け止めに入っていることが多いので、購入するときに見るようにしましょう。
他にも有機化合物を合成している紫外線吸収剤の日焼け止めは、皮膚ガンを発生させる危険性のある「パラアミノ安息香酸」や「プソラレン」も含まれています。

(※)環境ホルモン作用…体内に入り、本来のホルモンのような働きをするため、実際のホルモン作用を乱す影響を与えること

用途に合った日焼け止めを使うことが大切

日焼けをしたくないからといって、紫外線防止力のある日焼け止めを一年間使い続けるのはやめましょう。
普段の生活ではスポーツやアウトドア向けの日焼け止めを使わなくても十分紫外線を防止できます。
一つの日焼け止めを使い続けるのではなく、最近は肌に優しいものやオーガニックのものも発売されているので、用途に合わせていくつか種類を揃えておくといいですね。