日焼け止めによる肌荒れ

ジリジリ強い日差しからお肌を守る日焼け止めで、逆に肌荒れを起こしてしまったことはありませんか?
白いお肌に赤ニキビができてしまうと、余計に目立って最悪ですよね
せっかく日焼けを防止して美白を維持できても、肌トラブルを引き起こしてしまっては本末転倒です。
日焼け止めが肌荒れを起こすのは、含まれている成分が大きな原因です。
どうして肌に良くないのか、もし肌荒れが起こったときの対処法など、紹介していきます。

日焼け止めで肌荒れする原因

・「紫外線吸収剤」の日焼け止めを使っている
日焼け止めは主に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類が販売されています。
「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の違いは紫外線カットの方法です。
・紫外線吸収剤…紫外線を一度吸収し、化学反応を起こし熱エネルギーに変換して、外に放出するタイプ
・紫外線散乱剤…肌表面が鏡の役割をして、紫外線を反射させるタイプ
中でも、「紫外線吸収剤」の日焼け止めは、化学反応を起こすので、肌への負担がとても大きく、肌トラブルを引き起こす危険性が高いと言われています。
ウォータープルーフタイプや紫外線をカットする力を示す【SPF・PA】の数値が大きいものに多いです。
一方、「紫外線散乱剤」は肌への負担が少なく、肌トラブルになる可能性が低い日焼け止めです。
「紫外線散乱剤」の日焼け止めは、ノンケミカル(紫外線吸収剤を配合していないこと)と呼ばれることも多く、敏感肌の人や赤ちゃんに使えるものもあります。
しかし、紫外線をカットする力や持ちは良くないので、こまめに塗り直すように心掛けましょう。
また、日焼け止めには他にも「防腐剤」「着色料」「アルコール」といった肌に刺激を与える成分が含まれています。
ノンケミカルで低刺激な日焼け止めを使っても、このような成分が合わず肌荒れを引き起こす可能性があることも覚えてきましょう。

・「SPF」「PA」が高い日焼け止めを使っている
「SPF」は紫外線B波(肌の表面にダメージを与える紫外線)を防ぐ効果の目安を表しており、「PA」は紫外線A波(肌の奥に届く紫外線)を防ぐ効果の目安を表しています。
SPF・PAが高い日焼け止めは、肌荒れの危険性がある「紫外線吸収剤」のものが多いです。
数値が高い方が安心できる気持ちも分かりますが、自分に合った日焼け止めでない場合、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。
室内にいることが多い人は、「SPF50・PA++++」のような強い日焼け止めは必要なく、「SPF30・PA+++」程度で十分効果を発揮してくれます。
長時間日に当たる時に使う、SPF・PAが高い日焼け止めを一年通して使うのは、肌によくありません。
美肌作りのためには、日常のシーンに合わせて日焼け止めを変えることが重要です。

・しっかり落とせていない
毎日きちんと日焼け止めを落としきっていますか?
日焼け止めは白っぽいものや透明なものが多く、きちんと落としきれているのか確認するのが難しいですよね。
特に首やフェイスラインは落とし忘れやすい場所なので、注意が必要です。
肌に日焼け止めが残ったまま、繰り返し日焼け止めを塗ってメイクをしてしまうと、汚れを蓄積しているようなものなのです。
クレンジングの時にゴシゴシと負担をかけるのも良くないですが、きちんと落とせないのも肌トラブルの元になってしまいます。
使用している日焼け止めに合ったクレンジング方法で、優しく落としてあげましょう。
日焼け止めのクレンジング方法については、こちらに掲載してます。

肌荒れが起きたときの対処法

肌荒れが起きたときは、日焼け止め・メイクをきれいに落として肌を清潔な状態に戻しましょう。
保湿をしっかりすることもポイントですが、ニキビ用や美白化粧水などは刺激のあるタイプなので避けた方がいいです。
低刺激の基礎化粧品を使って、お肌に潤いを与えましょう。
赤みが強いときは冷たいタオルで冷やしてあげるのも効果的ですよ。

肌荒れしている状態でも日焼け止めは必要

肌荒れしているときに紫外線を肌に直接当てるのは避けたいです。
SPF・PAが弱く、肌に刺激のない日焼け止めを塗っておきましょう。
そのためにも、自分に合った日焼け止めを見つけることが大切なのです。

肌荒れが不安な人は「低刺激」「オーガニック」製品を選ぼう

敏感肌で肌が荒れやすい人は、「ノンケミカル」「低刺激」「防腐剤フリー」「着色料フリー」「アルコールフリー」などの肌に優しい日焼け止めを使うようにしましょう。
自然の成分しか使っていない「オーガニック」の日焼け止めもオススメです。
特に「オーガニック」のものは、お湯や石鹸で簡単に落とすことができる製品が多く、肌に余計な負担をかけないのも嬉しいポイントです。

自分に合う日焼け止めを使うことが大切

日焼け止めには肌荒れを引き起こす成分が入っており、普段使っているときは異常がなくても、体調を壊し免疫力が下がっているときに肌荒れを起こすことも考えられます。
いつ起こるか分からない肌荒れを予防するためにも、低刺激・オーガニック製品を使っておくと安心です。
肌に優しく、乾燥も抑えることができるので一石二鳥ですね。
お肌の状態やライフスタイルに合わせて、数種類の日焼け止めを上手に使い分けていきましょう。