日焼け止めと乾燥

日焼け止めを塗ると、肌がひどく乾燥するのは、肌へのダメージや日焼け止めの成分が原因です。
乾燥するとシワや法令線が目立ったり、ファンデーションがキレイに塗れなくなったり、朝のメイクも嫌になりますよね。
どうして乾燥するのか、どうやって予防・対策したらいいのかを説明していきます。

日焼け止めを塗ると乾燥する理由

日焼け止めは紫外線をカットして、肌を日焼けから守ってくれる効果があります。
しかし、日焼け止めに含まれる主に2つの成分が肌を乾燥させる原因を作ってしまうのです。
それは、
・吸収した紫外線を化学反応を使って熱エネルギーに変える「紫外線吸収剤」
・肌の表面で紫外線を反射させて跳ね返す「紫外線散乱剤」
です。

紫外線吸収剤は、化学反応を起こすときに肌にダメージを与え、肌の保水力を低下させるので肌が乾燥してしまいます。
また紫外線散乱剤も、紫外線を跳ね返すときに皮膚の皮脂を使うので、皮脂が少なくなってしまい肌が乾燥していくのです。
ただ、日焼け止めを使うと誰もが乾燥するわけではありません。
元々の肌か乾燥している人や、敏感肌かどうかによっても変わってきます。
原因は、肌へのダメージや日焼け止めの成分ですが、普段から肌状態を万全にしておくことで、ダメージを受けても乾燥を緩和することが期待できます。

乾燥しないためにはやっぱり保湿!

乾燥を予防・改善するために「保湿」は必要不可欠です。
日焼け止めを塗る前は、化粧水・乳液などをハンドプレスして、肌にしっかり馴染ませてから塗るようにしましょう。
外出すると、太陽・クーラー・暖房に長時間当たることや、日焼け止めを何度も塗り直すこともあると思います。
特に太陽に当たり続けると、肌の水分バランスが大きく乱れ、乾燥につながるので、持ち運びできるミストを一吹きして、肌に潤いを与えるといいですよ。
肌が潤って安定している状態だと、メイクや日焼け止め直しもキレイに仕上がります。
また日焼け止めを落としてからも保湿を怠ってはいけません。
肌の奥にまで届くように、優しくハンドプレスしてケアしましょう。
時間があるときはパックをすると更にいいです。

乾燥が気になる場合は日焼け止めを見直してみる

保湿をしても乾燥が続く場合、日焼け止めを変えてみるのも一つの方法です。
日焼け止めには「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」以外の成分も入っており、特に「防腐剤」「着色料」「香料」「アルコール」などが肌荒れ・乾燥を引き起こしていると思われます。
肌に負担が少ない紫外線吸収剤不使用のノンケミカル製品や、自然派成分で作られるオーガニックの日焼け止めを使ってみて下さい。

乾燥は肌トラブルの元になるので要注意

乾燥した肌はニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなっています。
肌が痒く、寝ている間にかきむしってしまって、無意識のうちに肌を傷つけることも考えられますよね。
日焼け止めに入っている成分が合わず乾燥を引き押している可能性もあるので、低刺激・オーガニックのものに変えてみるのもいいですよ。
あと、乾燥には保湿が一番効果的です。
日焼け止めを塗る前だけでなく、塗り直しの時や落とした時も保湿を忘れずにしっかりしましょう。