敏感肌の人も安心できる日焼け止めを選ぼう

お肌が敏感な人や、赤ちゃんにも使いたいと思っている人は、低刺激の日焼け止めがオススメです。
紫外線予防は1年中必要だと言われており、長く使っても肌に悪影響のないものを選びたいですよね。
敏感肌の人にオススメの日焼け止めの選び方や、気を付けることを紹介するので是非参考にして下さい。

敏感肌の人は日焼け止めの成分に注目

・紫外線吸収剤が入っていない「ノンケミカル」や自然派成分を使っている「オーガニック製品」を選ぶ
日焼け止めは、紫外線を吸収して熱エネルギーに変える「紫外線吸収剤」と紫外線を反射させて肌を守る「紫外線散乱剤」の2種類に分かれています。
熱エネルギーに変換する「紫外線吸収剤」は、化学反応を起こし、肌に大きな負担を与えるので、敏感肌の人には向いていません。
商品に必ず「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と書いているものを選びましょう。
また自然の成分のみで出来ているオーガニック製品を使うのもいいですね。
低刺激なだけでなく、保湿効果の高いものも多いので、肌が弱い人にぴったりです。
落とすのにクレンジングを使うと、また肌に刺激を与えてしまいますが、石鹸だけで簡単に落とせるものもあったり、子どもにも安心して使えるという点も嬉しいです。

・SPF・PAの数値をチェックする
「SPF」は「Sun Protection Factor」の略で、紫外線B波(UVB)を防ぐ効果の目安を表していて、「PA」は「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の目安を表しています。
数値が高いとそれだけ紫外線をカットする効果は高いですが、同じように肌への負担も大きいです。
「SPF50、PA++++」のような刺激の強い日焼け止めを使うよりも、「SPF20まで、PA++」程度の低刺激のものをこまめに塗り直す方が肌には優しいので安心です。

・防腐剤や香料にも気を付ける
日焼け止めに入っている色んな成分が原因で肌荒れを起こしてしまう危険性があります。
今は商品に低刺激と記入されているものも多いですが、無香料・無着色・防腐剤フリー・アルコール(エタノール)フリー・界面活性剤フリーといった文字が書いていると更に安心です。

敏感肌の人にオススメの日焼け止め

上記で説明したことふまえて、敏感肌の人にオススメの日焼け止めを探しました。
低刺激のものやオーガニックの日焼け止めも紹介するので見て下さい。

ウェアルーUV(日焼け止めティント乳液)「SPF30・PA++」
料金:4000円

[NOV] ノブ UVミルクEX 35g [SPF32/PA+++][日焼け止め][常盤薬品](敏感肌 低刺激用 ノエビア)・料金:2160円
紫外線吸収剤、香料、着色料すべて不使用で、お湯でも落とせる低刺激な日焼け止め。

POLA ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド 50g 「SPF30・PA+++」
料金:4180円
紫外線吸収剤不使用。保湿効果が抜群なので、乾燥が気になる人にもオススメ。

VINTORTE SPF50+ PA++++ ミネラル UVクリーム ノンケミカル ヴァントルテ 日焼け止め UVカット ウォータープルーフ ※ アルコール パラベン 不使用 v_uvc
・料金:2500円
着色料、香料、アルコール、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止め。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト 「SPF33 PA++」
料金:2484円
天然由来成分だけで作られているから、赤ちゃんにも安心して使える。

「刺激を与えないこと」に気をつけよう

敏感肌を悪化させないために、肌に与える刺激をなるべく少なくしましょう。
日焼け止めを塗るときも、ゴシゴシこするように塗るのではなく、トントンとスタンプを押すように優しく肌に乗せていくイメージで塗りましょう。
落とすときも、クレンジングならクルクルと優しくマッサージするようなイメージで、洗顔なら泡を立てて肌を包み込むイメージで洗うといいです。
シミの元になるメラニンを発生させるスイッチも、肌への刺激が大きな原因です。
肌への刺激を減らせば、赤みやニキビなど肌トラブルを起こさないようにできるのです。

自分に合う日焼け止めを探そう

敏感肌の人は、ランキングで順位が良かったから、友達に勧められたから、といった商品を購入してもお肌に合わない可能性もあります。
ノンケミカルやSPF・PAの数値が低いものなど、刺激の少ないものを使う方が肌荒れの心配がなく安心して使えます。
気になる商品があれば、まず成分をチェックし、サンプルをもらってみましょう。
今は1週間ほど試すことができるトライアルセットもあるので、本当に自分に合うのかをまずは試してみるのもいいですね。