肌に優しいノンケミカルの日焼け止めとは?

日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類の成分で出来ています。
「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収し熱エネルギーに変換する化学反応を起こし、そのとき発生させる熱や物質が肌に大きな負担を与えてしまいます。
また「紫外線吸収剤」がアレルギー反応やホルモン異常を引き起こしてしまう危険性もあります。
そのような「紫外線吸収剤」が入っていない日焼け止めのことを「ノンケミカル(ケミカルフリー)」の日焼け止めと呼ばれています。
ノンケミカルの日焼け止めの詳しい仕組みや、使用するときに注意することなど紹介するので参考にして下さい。

ノンケミカルの仕組みや注意すること

ノンケミカルの紫外線防止成分は「紫外線散乱剤」です。
「紫外線散乱剤」は、粉状の金属や粘土が日焼け止めに含まれており、肌の上で紫外線を反射させる成分です。
肌に負担のかかる化学反応を起こさないため、肌に優しいです。
また日焼け止めは塗るときだけでなく、落とす時にも気をつけなければいけません。
「紫外線吸収剤」の日焼け止めは、肌への密着度が強く、SPF・PAの高い日焼け止めによく使われています。
落ちにくかったり、専用クレンジングが必要になったりすると、落とす時に肌に負担をかけることになります。
一方、肌に優しいノンケミカルの日焼け止めは、石鹸で簡単に落とせるものも多く、落とす時も肌をいたわることができるのです。
ただ、日焼け止めが落ちやすいと紫外線カット効果の持続も弱いので、こまめに塗り直すようにしましょう。

オーガニックとの違いは?

オーガニックとは、石油由来成分を一切使わず、天然の成分のみで作られている製法のことです。
ノンケミカルは「紫外線吸収剤を使っていない日焼け止め」と言われていますが、化学成分が全く含まれていないわけではありません。
防腐剤フリー・着色料フリー・アルコールフリーなどの表記がない場合は、肌に合わないこともあり得ます。
オーガニックは自然成分が原料の製品なので、添加物は入っていない肌に優しい日焼け止めと言えます。
しかし、オーガニック製品は、防腐剤フリーのためにハーブやビタミンEなど防腐効果のある成分を代わりに使用しています。
そのため使用期限が1~3ヶ月と短く、高温に弱いというデメリットがあるのです。
料金が高いものも多いですが、成分にこだわる人はオーガニック製品を使うのが一番安心です。

ノンケミカルとかオーガニックの日焼け止めの違いについて

敏感肌の人や子どもにもぴったりな日焼け止め

ノンケミカルやオーガニックが肌に優しいのは「成分」が関係しています。
子どもは特に肌が弱く反応しやすいので、ノンケミカルの製品だけでなく添加物フリーのものを選ぶのがいいでしょう。
最近は肌に優しくてSPF・PAの数値が高い日焼け止めも販売されており、シーンに合わせていくつか使い分けることができます。
オーガニックのものは使用期限が短いですが、家族全員で使える成分なので、みんなで使えば残らず使いきれますよね。
肌荒れやアレルギーを引き起こさないためにも、肌に優しい日焼け止めを使って肌トラブルを予防しましょう。