オーガニックコスメと無添加化粧品の違いは?

オーガニックコスメや無添加化粧品と聞くと、どちらも「肌に優しい成分で作られている安全なもの」というイメージが浮かぶと思います。
しかし何が肌に優しいのか、どのような違いがあるのかなど、知らない人が多いです。
化粧品選びは、自分の肌に合っているものを使うことが重要なので、オーガニックコスメと無添加化粧品の違いを知って、自分に合っていない化粧品を選ばないようにしていきましょう。

オーガニックコスメと無添加化粧品の定義

オーガニックコスメと無添加化粧品はどちらも同じような効果があると思われがちですが、それぞれ定義が違っています。
両方の定義を簡潔に説明すると、
「オーガニックコスメ」…有機栽培で育てられた植物の成分のみ使用しているもの
「無添加化粧品」…肌トラブルの危険性がある102の指定成分のうち、どれか一つでも排除されているもの
になります。
オーガニックコスメと無添加化粧品が全く違うものだということが分かりますね。

オーガニックコスメや無添加化粧品のメリット・デメリットを紹介

オーガニックコスメ

【メリット】
・有機栽培で育てられた自然由来の植物を使っている
・「着色料」「香料」「合成界面活性剤」は含まれていない
・化学合成成分や石油系成分が含まれていなくて、肌にかかるダメージが少ない
・エッセンシャルオイル(精油)がリラックス効果をもたらしてくれる
・敏感肌、赤ちゃんに使っても安心できる
・肌本来の力を引き上げてくれる

【デメリット】
・日本ではオーガニックコスメの基準がなく、1%しかオーガニック成分が入っていなくても、オーガニックコスメと認められる
・自然成分を使い作られているので、使用期限が短い場合が多い
・料金が高い
・植物などなんらかのアレルギーを持っている人に反応することがある
・化粧品を使いやすくする化学合成成分や石油系成分が含まれていないので、伸びが悪いものもある

無添加化粧品

【メリット】
・料金が安いものもある
・添加物を排除されている化粧品は自然成分に近いので肌に優しい

【デメリット】
・無添加化粧品の基準がなく、本当に肌に悪い成分が入っていないと言い切れない
・アレルギー反応を起す危険性のある成分は抜いているが、他の化学合成成分が含まれている確率は高い

オーガニックコスメと無添加化粧品の効果的な選び方

メリットとデメリットを見て、オーガニックコスメと無添加化粧品の曖昧さが分かったと思います。
どちらも正確な基準がないため、購入するときは「成分の確認」が効果的な選び方のポイントです。
オーガニックコスメは、自然成分のみ使用しているので肌には優しいですが、配合されている量が少ないと肌本来の力を高めることはできません。
そして無添加化粧品は、化学合成成分のうち、アレルギーなど肌トラブルの危険性がある102の指定成分が一つでも含まれていなければ無添加化粧品と呼ぶことができてしまいます。
着色料や香料は入っていなくても、防腐剤は入っているなんてこともありえるのです。
しかし中には、肌に負担のかかる添加物が全て排除されている商品もあるので、良い商品を見逃さないためにも成分をチェックすることが大切です。

オーガニック化粧品や無添加化粧品のオススメ商品

オーガニック化粧品

月桃
・商品名:月桃リセットクレンジング
・値段:3960円
★合成保存料・合成香料・合成着色料・アルコール・石油由来成分・一切不使用。
http://ruhaku.jp/item/27.html

HANAオーガニック
・商品名:ピュアリクレンジング
・値段:3334円
★食品にも使われる安全な5種の植物由来界面活性剤を用いたクリームクレンジング。天然100%。
http://www.hana-organic.jp/shop/0007.html

無添加化粧品

ファンケル
・商品名:アクティブコンディショニングベーシック 化粧液
・値段:1512円
★防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていない
http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=01&item_code=3742b

無印良品
・商品名:化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ
・値段:980円
★無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・ アルコールフリー・アレルギーテスト済み
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076446576?searchno=13

成分を確認して自分に合う化粧品を見極めよう

オーガニック化粧品も無添加化粧品も、実際にどのような成分が入っていて、自分に合うかどうかが重要です。
肌に優しいイメージだけで使用するのはやめましょう。
ブランドによって配合されている成分が違うので、好きなブランドを見つけるのもいいですね。
私は公式サイトで会社の理念や経営者のメッセージなども読んで、信頼できるかどうかを判断しています。
まずは日焼け止めや化粧水など使いやすい商品を一つ買って、自分の肌に合うかどうか様子を見てましょう。