テラクオーレとは?

テラクオーレの名前の由来は、「テラ=イタリアの大地」・「クオーレ=日本の心」からきています。
北イタリア・ピエモンテ州のオーガニックハーブやローズのエッセンスを凝縮した日本人向けのスキンケア用品が揃っているオーガニックブランドです。
「バイオダイナミック療法(※)」で育てられた品質の良い植物を使用しており、使い続けることで肌がキレイになるのを実感できます。
日焼け止めは肌につけている時間が長いコスメの一つなのでオーガニックのものを使い、肌への負担を減らすのが理想です。
幅広い人にオススメできるテラクオーレの日焼け止めを紹介するので、是非参考にして下さい。

(※)雄牛の角にハーブなどを詰め、地中深くに埋めて熟成させて作る「調合剤」を肥料にして植物を育てます。
独自のカレンダーにそって種まきから収穫までを行い、通常の5倍以上手間がかかると言われている農法です。
植物のもつエネルギーを最大限に引き出すことができ、品質の良いオーガニック製品を作ることができます。

テクラオーレの日焼け止めをオススメする4つの理由

・オーガニック成分で肌に優しい
紫外線吸収剤(化学反応を起こす肌への負担が大きい成分)や添加物を含んでいない肌に優しい日焼け止めです。
紫外線をカットする成分は酸化チタンを使用しています。
酸化チタンの中にはナノ化(※)して肌にダメージを与えるものもありますが、テラクオーレのものはナノ化しないので肌への負担は心配いりません。
他にも、肌を引き締める効果のあるダマスクローズ水・肌荒れを防止し肌に弾力を与えるアルガンオイル・保湿力を外側と内側から持続するアーモンド油とシアバターなど、様々な成分が配合されています。
(※)粒子が細かくなり、肌の奥にまで浸透してしまうこと

・十分な紫外線カット力
「SPF37、PA+++」と日常の紫外線をカットするのには十分な数値です。
紫外線は夏だけでなく、冬や室内にいるときも予防しなければ美肌を得ることはできません。
肌に負担をかけすぎることなく、1年中紫外線を防いでくれる日焼け止めなのです。

・ヴァーベナの香り

クマツヅラ科の植物の葉から抽出されるヴァーベナ香りは、シトラスのような柑橘系の香りをしています。
キツイ香りが苦手な人も使いやすい爽やかな香りです。

・エイジングケアが可能
オイル成分がたくさん配合されており保湿効果がとても高く、肌をトラブルから守ってくれる働きがあります。
また、肌の水分と油分のバランスを整える作用がある「トウキンセンカ花エキス」・肌のキメを整え潤いを逃がさない「ハマメリス葉エキス」・肌荒れの原因を防ぐ「トコフェロール」なども含まれています。
豊富な成分がそれぞれの働きを発揮し、エイジングケア効果が期待できるのです。
そして日焼け止めだけではなく、メイク下地として使用することも可能です。
重ねるファンデーションを肌に優しいものにすると、1日中ストレスフリーな肌でいれますね。

UVプロテクトエッセンスの使用感

プッシュタイプなので出し過ぎを防止し、清潔な容器を保つことができます。
顔全体の1回の使用量がパール粒1個程度(約半プッシュ)と少なめです。
少量でも十分なほど伸びがよく使い勝手がいいのです。
日焼け止め自体は真っ白なので量を出しすぎると白浮きする可能性もありますが、適量をしっかり伸ばしてつけると肌に馴染み透明感が出ます。
サラッとした付け心地で、汗をかいても取れにくく、不快感がありません。
入っている成分と1回の使用量の少なさを考えると、コスパは悪くないと思います。

エイジングケアも可能な日焼け止め

美容成分が凝縮されているテラクオーレの日焼け止めは、紫外線カットだけでなくエイジングケアもできるものです。
伸びがよく肌にしっかり馴染むのも嬉しいポイントですね。
化粧下地として使っても、日焼け止め自体がサラッとしているので上から乗せるファンデーションを選びません。
保湿効果もあり美肌成分が配合されているテラクオーレの日焼け止めで、年中肌にストレスを与えることなく紫外線対策をしましょう。